平成29年度 中部委員会(春季)を開催しました。

6月6日(火)、国土交通省中部地方整備局長の塚原浩一様をお招きして講演戴き、総勢43名にのぼる、中部委員会の会員にお集まりいただきました。

塚原局長からは「中部地方の将来を支える社会資本整備」と題して、日本そして中部の公共事業や新たなプロジェクトの可能性について、港湾、道路、河川・ダムをはじめ、具体的な事例を交えながら、1時間に亘ってお話いただきました。その後、会員の皆様から多くの質問が出され、活発な意見交換が出来ました。

その後、委員会(委員長:増田義則 中部電力株式会社 代表取締役副社長執行役員)では、提言「激変する世界の潮流 中部圏域の生き残り戦略としての"なごや"のまちづくり構想 水辺を活かした新たな都心軸の創出」について、会員の間で闊達な議論が行われました。

今後は、提言に関して関係各方面と議論を行い、中川運河をはじめとする具体的なプロジェクト実現に向けて活動を続けてまいります。


20170608_chubu02.jpg 20170608_chubu01.jpg

(写真左)塚原局長 (右)会場風景