5/22 国土交通省毛利事務次官へ『JAPICプロジェクト提言』を手交しました。

5月22日(火) JAPICプロジェクト提言書

「人生100年時代の産業と暮らしを支える社会資本のあり方」
成長戦略を具現化し、持続的な経済成長と次世代の安全・安心の確保を
~GDP600兆円に向けた西日本の貢献~

を、毛利信二国土交通事務次官へ提言書を手交し、その後国交省内記者クラブにおいて、記者会見を行いました。

この度、JAPICは、大石久和(土木学会長・国土技術研究センター国土政策研究所長)、石田東生(筑波大学名誉教授・特命教授)、鎌田実(東京大学大学院教授)、羽藤英二(東京大学大学院教授)は、

提言1:モビリティ・ネットワーク(グローバル、広域、地域内)の整備
「大阪圏+名古屋圏」と、西日本をグローバル・広域・地域内のネットワークで連結し、経済効果を西へ波及・拡大

提言2:高流動型次世代国土の形成
東京と地方をモビリティ・ネットワークで連結。対流を活性化し、経済効果を地方に波及


■ 提言書資料(PDF:2.15MB)


51_1.jpg

(産業新聞社様より提供)