第4回地域経営委員会を開催しました。

6月5日(月)、石破茂衆議院議員(前 地方創生担当大臣)をお招きして講演戴き、総勢70名に上る会員にお集まりいただきました。

石破議員は、地方創生担当大臣時代も含めて、300以上の全国の自治体で対話を重ねられたご経験をもとに、具体的な事例を豊富にご紹介戴きながら、「地方が滅びれば国も溶解する(滅びる)という危機意識が必要。日本の地方は、それぞれ付加価値のある資産を必ず持っている。自治体自身が何をやりたいか、真剣に考え案を作って実行頂きたい。政治も支援を続けていく」とお話しされました。

地域経営委員会(長谷川伸一パシフィックコンサルタンツ株式会社代表取締役会長)は、「地方の新しい成長を実現する、新たな視点での地域経営」を目指して、「地域経営型社会サービスの提供を早期に実現すべき」との一次提言を昨年6月に行い、石破地方創生担当大臣(当時)に手交しました。

今後、地域経営モデルを想定し、来年6月の提言公表を目途に活動を続けてまいります。

【仮説モデルの最終的なイメージ】※画像をクリックすると大きくなります
20170606_40.jpg


20170606_22.jpg 20170606_21.jpg
(石破衆議院議員・長谷川委員長)