3/13提言書「新大阪駅周辺エリアの都市機能強化の提言~関西の30年後を見据えた"新大阪創生プロジェクト"~」を国土交通省近畿地方整備局池田局長に手交しました。

関西委員会(委員長:松野正人新日鐵住金常務執行役員大阪支社長)は、平成28年からリニア新幹線や北陸新幹線の延伸を見据えて、新大阪さらには西日本のゲートウェイとして新大阪駅周辺エリアの都市機能強化が必須であるとの考えから、さまざまな検討を行ってきました。

このたび、
  ①新大阪駅周辺エリア開発
  ②バスターミナル・新御堂筋バイパス(地下)建設
  ③新淀川第2大橋建設
の3点について、提言書「新大阪駅周辺エリアの都市機能強化の提言~関西の30年後を見据えた"新大阪創生プロジェクト"~」をまとめ、平成30年3月13日に国土交通省近畿地方整備局池田局長に手交しました。


■ 提言書(PDF:340KB)

■ 提言書(資料)(PDF:3342KB)

関西委員会


20180313_01.jpg

(左)JAPIC丸川専務理事(中央左)松野委員長(中央右)池田局長(右)JAPIC上村