水循環委員会


委員長 関 克己
Seki Katsumi
(公財)河川財団
理事長

水はあらゆる生命の源であるとともに、われわれの生活基盤は様々な水の循環と深く関わっています。また、世界的な水危機は、わが国にとっても決して無縁ではありません。

JAPIC水循環委員会は、まさにそうした認識に立った上で、資源としての「水」の利活用に着目し、エネルギー・食料の自給を図り、水環境を守る持続可能な文明の構築について研究しています。

地球温暖化対策、エネルギー自給率向上策、及び人口減少社会下の水需要構造変化に伴う対応策などの課題の解決を目指していきます。

活動方針

新たな水循環の構築に向けた制度・施策・技術開発、小水力発電を含む水力発電の促進及び相模川をモデルケースとした水系の最適化について検討し、提言を行う予定です。

活動実績

平成25年(2013)12月「純国産の自然エネルギー・水力による持続可能な未来社会~既存のダム・水力施設の最大活用による水力発電の増強~」発表(PDF:360KB)

令和3年(2021)6月「JAPIC水循環委員会提言」について、記者説明会を開催しました。

令和3年(2021)9月「公営電気事業経営者会議令和3年度技術講習会」にて講演を行いました。

令和4年(2022)4月「JAPIC 水循環委員会シンポジウム『激化する気候変動に備える治水対策と水力発電の強化~ダム等の増強と新たな協働事業の展開~』を開催しました。

報道記事【一部】はこちら

5月11日付 47NEWS 掲載記事

※同記事は全国のマスコミサイトにも展開されています。

5月13日付 日経産業新聞及び5月16日日経電子版 掲載記事

5月21日付 読売新聞朝刊 掲載記事


平成19年(2007)7月第1回委員会を開催

平成30年(2018)12月平成30年度第1回委員会を開催

令和元年(2019)12月 委員会を開催

令和2年(2020)12月 委員会を開催

令和4年(2022)2月 委員会を開催